生活

【趣味がないとダメ?】趣味がないと悩む人の3つの特徴と無理しない趣味の作り方

こんにちは!モエコです。

「趣味がない」「夢中になれるものがない」

そんな風に悩んでいる人は意外と多いですよね。

博報堂の生活定点によると、25%、つまり4人に1人が「自分は無趣味だ」と感じているそうです。

この記事では、「趣味がない」と悩む人の特徴と、趣味がありすぎて困る私からアドバイスを送ります。

趣味とは何か?

趣味-仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄

goo辞書

gooの辞書によると、趣味とは仕事・職業とはまた別に、個人が楽しみとしている事柄のことを指しています。

個人的には、仕事が趣味の方もいるような気がしますが…

とにかく「他から強制されて行うものではなく、自発的に楽しみながら行う事柄」ですよね。

趣味がないとダメなのか?

趣味がないとダメかと言われれば、そんなことはないと断言します。

趣味はあくまでも自分が好きで楽しんでやっていること、というものなので、義務でもなんでもありません。

それよりも、あなたが自分の人生に充実感や幸福感を感じているかどうかの方がよっぽど重要だと思います。

それでも、「趣味がない」と悩むということは何かが足りていないと感じているのでしょう。

趣味がないと悩む人の3つの特徴

これまで何人かから「趣味がないんだけどどうすればいいか」と相談を受けてきましたが、趣味の無い人に共通する特徴にこんなものがあります。

1.完璧主義者で「趣味」に対するハードルが高い

趣味がないと悩んでいるあなたは、「趣味とは心から愛し熱中できるものである」と強く思い込んでいないでしょうか?

特に、好きなものへの熱量が高い人を見ると、
「自分はそこまで好きじゃないし…」とか、「そんなに詳しくないし…」と比較して尻込みをしてしまっています。

ですが、そもそも自分が楽しい!好き!と思えたらもうそれが趣味と言ってしまってなんの問題もないのです。

趣味は自分が楽しければ良いのですから、誰かと比べる必要は全くありません。

2.自分の意見をはっきり言う・他人に流されない

私の経験上ですが、「無趣味だから趣味を見つけたい」と相談してくる人に色んな提案をしても何一つ刺さったことがありません。(笑)

「自分の趣味が何か」は分からなくても、自分が興味のないことはけっこうハッキリしています。

なので、何を提案しても「うーん…」といった生返事か「それは興味ない」というバッサリした回答が返ってくることがほとんどです。

誘われたとしても興味がないからと断ってしまうのです。自分にとても正直ですね。

3.労力やコストがかかることが嫌い

趣味が無いと悩む人は悩んではいるもののそれをなかなか解決できません。

というより、完璧主義者な一面も手伝って、「失敗したくない」という思いが強かったり、どうせつまらないんだろうな、だったら無駄だな…などと考えてしまい結局何もやらないまま時間を過ごしてしまいます。

でも、なんだかんだそんな自分を受け入れているのです。

趣味がない人に勧める趣味の作り方

そもそも、趣味とは自分が楽しいな、好きだなと思えばそれだけで成立するので、無理に見つけようとして悩んでいるのであれば逆に自分を苦しめてしまっています。

とはいえ、「趣味はなんですか?」という会話が糸口となって距離が縮むことがあるのも事実ですよね。

なので、おすすめの趣味の作り方を教えます。

もともとやっていたことの濃度を少しずつ濃くする

一番オススメなのはこちらです。これまでの人生の中で、

・なんとなくこれは続いている

・〇〇することは楽しい

ということを見つけてみてください。

その一つ一つの行為の濃度を濃くしていくのです。

例えば…
アニメをよく見るなら…アニメを見るだけじゃなくイベントにも行ってみる。

体を動かすのが好きなら…月は一度はアクティビティに行く日を作る

などですね。

その時に重要なのが「誰かが私を楽しませてくれる」という受け身の姿勢を辞めること。

自分から楽しみに行くという姿勢が重要だと思います。

とりあえず趣味だと言い切る

意外と有効なんじゃないかなと思います。言霊というのもありますし、とりあえず「好き!」と口に出してみると良いのではないでしょうか。

口に出すとどんな良いことがあるかというと、周りの人があなたは「〇〇が好きな人」と認識してくれるので、情報を教えてくれたりイベントで誘ってくれたりするようになるのです。

好きなものが同じということは、年齢や性別、生まれ育った環境以上に人との縁を深くしてくれるように思います。
(実際に私も好きな作品を通じて10歳以上年上の方にとても仲良くしてもらっています)

思い切って試してみましょう^^

ということで、ここまでお読みくださった皆さんの人生が楽しく充実したものになりますように!

それではっ