お金

【実例】20代後半DINKS夫婦はどんな保険に入ればよいのか?私が入った保険を紹介します。

保険に悩む人

こんにちは、モエコです。

保険って、なんか難しいし、騙されたらどうしようって不安だし、入った方がいいって言う人もいれば無駄だから入るなって言う人もいて、すごく混乱しませんか?

私も混乱しっぱなしだったのですが、たまたま考える機会がありついに保険に入りました。

DINKSの皆さんの参考になれば嬉しいです。

保険に入ろうと思った前提

まず、そもそもなぜ保険に入る必要があるのか?を考えました。

私が保険に入ってもいいなと思ったのは

1.お金が貯まっていない段階でも大きな保障が得られる

2.本人が死亡すると銀行口座が凍結して引き出せなくなるけど保険であればすぐに現金化できる

3.遊びたいけど将来への不安が常にある、少しでもお金に関する精神的不安を減らしたい

という3つが主な理由です。

目的別に入る保険を考える

まずは自分たちの収入やこれからのライフスタイルを想定して、どんな保障を付ければ安心かを考えます。

考えたのがこちら。

1.お葬式や死後整理金、生活立て直し金としての終身保険

→お葬式って200〜300万かかるらしい。めっちゃお金かかる…

不要なものを処分したり、引っ越しが必要なら引っ越し代など、「貯めておけば必要ない」というネットの記事や意見もたくさん見ましたがここから20年の間、ポンと何百万出せる自信がない。。ということで入ることにしました。

2.自分が死んだ後に残された家族の生活支援金としての生命保険

→今はDINKSなので子供はいないのですが、子供欲しいな〜と考えているのでこちらも入ることにしました。

国からの保障もありますが、子供がいたらフルで働くのは大変だろうこと、学費など資金に余裕があった方が良いだろうことを考えて。

あと、現行の制度だと夫側が死亡した場合妻への保障はそれなりにあるのですが、妻が死亡した際の夫への保障はあまりないのですよね。

もし子供がいた場合、子供との時間もなるべく取れる働き方をしてほしいなという思いも込めて入ることにしました。

3.老後の資金としての養老保険

保険で貯めるのは割に合わないよと言われがちですが、かと言って投資だとまた色々考えないといけないので大変、あとは単純に紹介してもらったプランが払った保険料に対して170%で返ってくるというのは確約されていたので、老後資金の一部を保険で補うことにしました。

とりあえず必要な老後資金を3000万として、夫1000万妻1000万のイメージです。

※ドル建てなので為替リスクはあります

しかし50年後の生活を今から考えておかないと破綻するというのはなかなか世知辛いですね…。

残り1000万はiDeco・積立Nisaで作っていく予定です。

払っている保険料と得られる保障

私が入ったプランの保険料と得られる保障は以下のような感じです。

※その人の年齢、健康状態などによって金額は大きく変わります!!

あくまでも私の場合ということで…

1.終身保険

65歳まで年間約13万

最大で支払う額は13万×38年=約494万

得られる保障は1000万

2.生命保険

58歳まで年間約2万円

最大で支払う額は2万×30年=約60万

得られる保障は死後毎月10万円

3.養老保険

65歳まで年間約20万円

最大で支払う額は年間20万×38年=760万

得られる保障は約1200万

※これはドル建てなので多分もうちょいブレる

金額はざっくりなので実際とは多少異なるのですがこんな感じです。

年間35万程度保険に払う形になりますが、普通に貯金するだけよりは全然いいよねってことです。

医療保険は高額療養費制度があるのでとりあえず入りませんでした。

どんな保険に入ればいいのか〜まとめ〜

私は

・終身保険

・生命保険

・養老保険

の3つに入りましたが、最終的にはじっっっくりこれで良い!と納得できるまで考えることをお勧めします。

ネットよりも家族、そして信頼できるプランナーに出会えると良いですね。

ちなみに私はすべてプ○デンシャル生命様にお世話になりました。

提案してもらったプランはすべて他社よりも優れてると感じましたし、営業マンの方も決してゴリ押しせずこちらの不安や疑問に答えてくれたので最後はお願いしよう!とちゃんと思えました。

プルデ○シャル生命様は一切広告もせずほとんどが紹介からの直営業(そして原則ずっと担当が変わらない)なので、お知り合いにいれば連絡取ってみるか会社のHPから問い合わせたりもできます。

https://www.prudential.co.jp/contact/

皆さんがお金の不安なく過ごせますように!

それでは〜🌟