アニメ

【4/12,13】劇場版名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)ネタバレ感想

名探偵コナン 紺青の拳ポスター

こんにちは、モエコです。

毎年4月の恒例行事といえばそう、名探偵コナンの映画ですね。

初日4/12、4/13と続けて映画館で観てきましたので早速感想を。

細かいところ見切れてないし思いのままに書いてるので難しい考察とかは一切ありません、頭を空っぽにしてどうぞ。

 

↓↓↓

 

まずは項目ごとに★で評価をつけてみました。

完全なる独断と偏見なので悪しからず。

 

ツッコミどころ ★★★★

怪盗キッドのかっこよさ ★★★★★

犯人のクズさ ★★★★

らーーーーん!!!!! ★★

園子の可愛さ ★★★★★★

京極さんの強さ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

来年の予告 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

シンガポールの懐深すぎ

想像以上にシンガポールがメチャメチャになっててシンガポールの懐の深さすごない?

・不法入国OK

・海賊いすぎ

・シンボル破壊しまくり

・街が大炎上

予告でマーライオンが血を吐いたことにも驚いたけど海賊が海から街に向かってバカスカ大砲撃ってきて、普通にテロ。いやもうあれは内紛レベル。

マーライオンはだいぶ序盤で血を吐いて(実際は赤い水)いやめっちゃ扱い雑やんすぐ終わるやんとおもったがあれは序章だったんですね。

シンガポール住民とたまたま来てた観光客の人マジで可哀想。

ゼロの執行人もいやいやテロやんこれ?国際サミット開いてるのに絶対日本ヤバい国認定されたでしょと思ったし純黒の悪魔もオスプレイで遊園地メチャメチャにしてあれも絶対テロだったけど破竹の勢いで前作たちを超えるスケール。

一体何人死んだんだ。

 

怪盗キッドはやっぱりかっこいい

当たり前だのクラッカーですけどね、キッド様はやっぱりかっこいい。ピンチでもかっこいい。

今作のキッド、ゼロの執行人で零くんが見せたバーサーカーモードが話題になったからか、同じような目の作画が多めに感じました。

序盤でレオンの豪邸から逃げ出すあたり、京極さんと闘う直前とか。

ところで公開すぐ土日の興行収入は昨年を上回るみたいですね。

昨年のゼロの執行人が相当相当話題になったことや昨年見て面白かったからまた来ようという人も多かったんだと思いますが、そもそもの前提として怪盗キッドの認知度と人気はやっぱり確固たるものがあると思いました。

誰でも知ってるし初恋はキッド様なんて子も多いよね

ただ、世紀末の魔術師のような得体の知れない、どこか遠くでコナンたちを一歩出し抜くようなキッドはもう見れないのかもしれないと思うと一抹の寂しさを覚えないでもない。

ストーリー上、山を作るためにピンチを作るし、キッド目線であればあるほどキッドの神秘性は失われてしうなあと…(だからまじっく快斗もあまり見なかったりして…)

いやもう世紀末の魔術師を神格化しすぎているのは分かってるんですが、ね、、

でもそれを補って余りあるかっこよさはたくさん見せてくれました!!!

そもそも京極さんの突きを受け流せるのもすごいし、壁走りできるし、トランプ銃の正確さもすごい。

細くて白くてマジシャンのような手…とレオンに言われていましたが実際キッドもなかなかにメチャメチャである。

 

京極さん強すぎワロタ

400戦無敗はともかく、普通に強すぎてめっちゃ笑いました

最後、作画が明らかにドラゴンボールでしたよね??

紺青の拳だけに京極さんを青のイメージで見てたのですが全然ちがった、赤です、燃えるような赤。いや燃えてる。

ジャマルッディンも25歳とは思えぬ風貌・強さでしたが。

最後園子の服の紐で背負い結びしてたけど普通にめっちゃ可哀想でした

そりゃ〜あんだけ叫ぶし泣く…

でも園子が可愛かったのでなんでもオッケーです

 

今作、ミステリーの要素が難しすぎない?

毎回犯人にツッコミどころ多数なのはお馴染みですが今回もまあなんという私怨の絡まり具合。

巻き込まれたシンガポールとシンガポール住民と観光客ほんとうに可哀想(2回目)

しかし犯人の思惑が絡まりに絡まってだいぶわかりにくかったのですが、皆さんそんなことなかったですか???

すこーし整理してみると…

レオン・ローはシンガポールを生まれ変わらせようと画策していたが、ジョンハン・チェン氏ら有力者たちに一蹴され恨みをもつ。

シンガポール生まれ変わり作戦の遂行に必要な海賊の力を借りるために紺青の拳を探していた。

海洋学者であるリシの父親が紺青の拳があるかもしれない場所を見つける。

事故を装いリシの父親を殺す。(おそらくレイチェルが船から突き飛ばした)

レオン・ローの会社で顧問弁護士をしていたシェリリン・タンが紺青の拳の沈む場所をジョンハン・チェン氏にリーク。(たぶん)

ジョンハン・チェンが紺青の拳を引き上げる。

ジョンハン・チェンは紺青の拳をカラテ大会の優勝者へ贈るベルトに埋め込む。

そのベルトを求めてレオン・ローはカラテの強者を探し、ジャマルッディンが雇われる。

シェリリン・タンはレオン・ローに紺青の拳を奪われないよう、京極さんを日本から呼ぶ。

ジャマルッディンの勝利を確実なものにするため、シェリリン・タンを殺害し京極さんの出場をなかったことにする。

いや、ここまではなんとなくわかったのですが、リシの存在がなかなか難しい。

いつレオンが父親殺しの犯人と知ったのか?

それを知った上でレオンに弟子入り?

いつ海賊と連絡を取ったのか?

園子を攫って身代金を要求しようとするが、目的はレオンの死<お金?

そもそもわざわざキッドを呼び寄せた理由は?

この辺って最後明かされてました…???怒涛の展開に圧倒されてあまり記憶がないんですよね…

シェリリン・タンが最初にレオン・ローに持ちかけていた取引はリシがシェリリンに持ちかけた強請りのことですよねたぶん?

紺青の拳のありかをリークされた上に強請りをかけられてイラついて殺した?

普通にシェリリン・タンはレオンのことが嫌いだったんだろなとか邪推。

最後、園子を背負った京極さんVSジャマルッディンの戦い、蘭ちゃんとおっちゃんの戦闘、キッドとコナンの共闘になってドワーーーッと駆け抜けるので疾走感はありますが、事件の本筋に関しては普通に伏線回収しきれていないところや分かりにくいところが多すぎる印象、、

この辺りに関してはまた観に行って追記します。

来年が楽しみすぎて死ぬ

そしてですよ、はちゃめちゃにオシャなエンディングが終わり、

満月、夜空、東京タワー、そして

「届け はるか彼方へ」

イケボ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

赤井さん!!!!!!!!!!!!!!!

でもなんかちょっとダサさもあるポエティック!!!!

もうね、期待はしてました。もちろん。だって純黒の大ヒットのすぐ後にゼロの執行人ですよ、安室透いや降谷零があれだけ人気大爆発して、赤井秀一が黙っているわけがない。

2020年、オリンピックイヤー、令和元年

どんなメモリアルな映画になるのか想像もつかない

来年赤井秀一の映画ということはですよ

今年一年あらゆるところで赤井秀一の話が動く可能性があるわけですよね、

まず間違いなく原作で赤井秀一が動くでしょうし、原作者の推しキャラですからね

最高にカッコいい赤井秀一が見れると思うとそれだけで死にそう。

来年の4月はリアルに週3で映画館に通っているとおもう。

可能な限り純度を高めて赤井秀一を本当にメインにして綺麗にまとめて欲しいですね

爆発よりもストーリーの骨太さ重視でたのむ

それまでは今年も映画館に通いHuluでコナンを観まくります

(Huluでも赤井秀一特集が組まれる、それだけでウキウキでしぬ)

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

そんな感じの紺青の拳感想でした